自動車保険

人身傷害の保険金額はいくらにすればいいの

2628131

人身傷害は、自動車事故などにより、被保険者がケガや死亡した際の治療費や休業損害などを約款に定める基準に基づき補償します。そのため保険金額は、補償の対象となる方の年齢・収入・家族構成などによって必要に応じた保険金額をお選びください。

以下に、家計の中心者が死亡した場合の損害額の目安をご案内します。

家計の中心者が死亡した場合の損害額の目安

年金受給者の方は、年金受給額などに応じて3,000万円〜5,000万円で設定することをおすすめします。

なお、死亡・後遺障害には生命保険など他の保険で備え、 人身傷害は自動車事故によるケガのみに備えるものと割り切った保険金額とし、保険料を抑えるという選択もあります。

みんなはどうしてるの?

ソニー損保のお客様の保険金額は、3,000万円がもっとも選ばれています。

年齢や家族構成、年収などによって死亡時の損害額が異なります。

ソニー損保のご契約者は 3,000万円超〜1億円以下34% 3,000万円63% その他3%

このページはわかりやすかったですか?

わかりやすいよくある質問にするために、ボタンをクリックしてください。ご協力をお願いいたします。

  • わかりやすかった

  • わかりにくかった

アンケートにご協力いただき
ありがとうございました

よろしければ、このページについてのご意見をお聞かせください。

0/500

このフォームでは、個別のお問合せへの回答はしておりません。個別のご質問はこちらからお問合せくださいますよう、よろしくお願いいたします。

送信する

貴重なご意見を、ありがとうございました。
今後の参考にさせていただきます。

関連する質問

キーワード検索

自動車保険に関するお問合せ

カスタマーセンター
0120-919-928

受付時間 9:00〜22:00(年末年始を除く)

キーワード検索