自動車保険

人身傷害と搭乗者傷害の違いは

5693643

人身傷害は実際の損害額を、搭乗者傷害はあらかじめ契約で決められた金額をお支払いします。



人身傷害 搭乗者傷害
お支払いする保険金 保険金額を上限とした実際の損害額(ケガの治療費はもちろん、休業中の収入減、精神的損害、後遺障害が残った場合の逸失利益など、当社算定基準で算出した金額)をお支払いします。 入通院日数や 後遺障害 の程度に応じて契約で決められた金額をお支払いします。


人身傷害 をセットしていれば、保険金額を上限として実際の損害額を補償しますので、搭乗者傷害は 人身傷害 の上乗せ補償といった位置づけでお考えください。
搭乗者傷害のメリットは、事故後速やかに保険金を受け取ることができ、当座の費用に充てることができる点です。契約車両に乗車する人に対し、どの程度の補償が必要かという観点で検討されるとよいと思います。


一緒に乗っている人の補償は?

一緒に乗っている人の補償は?
一緒に乗っている人の補償は?

このページはわかりやすかったですか?

わかりやすいよくある質問にするために、ボタンをクリックしてください。ご協力をお願いいたします。

  • わかりやすかった

  • わかりにくかった

ご回答ありがとうございました。

このページについてのご意見、ご要望等ございましたら下記にご記入ください。

個別にご質問にお答えできません。ご了承ください。

0/500

※個別のお問合せはこちらからご連絡をお願いします。

送信する

貴重なご意見ありがとうございました。
今後の参考にさせていただきます。

関連する質問

キーワード検索

自動車保険に関するお問合せ

カスタマーセンター
0120-919-928

受付時間 9:00〜22:00(土・日・休日も22:00まで受付)
携帯電話・PHSからもご連絡いただけます。

キーワード検索