自動車保険

対物賠償

31741

ここがポイント

  • 他人の車やモノを壊してしまった場合の補償です。
  • 示談交渉サービスがついています。
  • 保険金額は「無制限」がおすすめです。
対物賠償とは

契約車両の事故により、相手の車や壁、電柱など他人のモノを壊してしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償します。保険金額(契約時に設定した金額)が上限です。

こんな場合に補償
  • 他人の車と衝突し、相手車を壊してしまった

    他人の車と衝突し、相手車を壊してしまった

  • ガードレールにぶつかり壊してしまった

    ガードレールにぶつかり壊してしまった

示談交渉サービスがついています

示談交渉

お客様に代わり、当社が相手方や相手保険会社と交渉し、賠償問題の解決を図るのが示談交渉サービスです。

当社の対物賠償には示談交渉サービスがついていますので、ご安心ください。

身近な物を壊した場合の値段(目安)
ガードレール板金1枚(4m)約10〜15万円
電柱コンクリート製
1本
約50〜100万円

みんなはどうしてるの?

ソニー損保のお客様は、
97.5%が「無制限」を選んでいます。

※ 小数点以下第2位を四捨五入

当社スタッフからのアドバイス

商品担当
吉里

万一の高額賠償事故に備えるために保険金額は「無制限」にした方がいいでしょう。

よくある質問
  • 対物賠償を使うとノンフリート等級はどうなるの?
  • 対物賠償を使うと、ノンフリート等級が3等級ダウンします。
    等級は数字が小さいほど割引率も小さくなるため、翌年の保険料が高くなる可能性があります。

このページはわかりやすかったですか?

わかりやすいよくある質問にするために、ボタンをクリックしてください。ご協力をお願いいたします。

  • わかりやすかった

  • わかりにくかった

アンケートにご協力いただき
ありがとうございました

よろしければ、このページについてのご意見をお聞かせください。

0/500

このフォームでは、個別のお問合せへの回答はしておりません。個別のご質問はこちらからお問合せくださいますよう、よろしくお願いいたします。

送信する

貴重なご意見を、ありがとうございました。
今後の参考にさせていただきます。

キーワード検索