自動車保険

人身傷害

6488535

point

  • 自分や同乗者が死傷した場合に治療費や休業損害などを補償
  • 過失割合に関係なく、実際の損害額に対して保険金をお支払い
  • 車内+車外補償型なら、歩行中や自転車乗車中の自動車事故も補償

■ こんな場合に補償

  • 契約車両に乗車中の人が事故でケガをした
  • ・自分や家族が歩行中に車にひかれた
  • ・自分や 家族 が自転車に乗っているときに、車と衝突しケガをした

※人身傷害(車内のみ補償型)では補償されません。

契約車両に乗車中の方が事故で死傷した場合に、過失割合に関係なく、実際の損害額に対して約款に定める基準に基づき保険金をお支払いします。

■ 選べる補償範囲

ソニー損保では、2つのタイプの人身傷害を用意しています。

車内+車外補償型: 契約車両 に乗車中だけでなく、歩行中や自転車に乗っているときの自動車事故によるケガも補償します。
車内のみ補償型   : 補償範囲を 契約車両 に乗車中の事故に限定して保険料を抑えたタイプです。
  契約車両 に乗車中の事故 他人のお車 に乗車中の事故 歩行中、自転車に乗っているときの自動車事故
車内+車外補償型
車内のみ補償型 

【被保険者(補償の対象となる方)】
1.記名被保険者とその家族
2.1以外で契約車両に乗車中の方(契約車両に乗車中の事故にかぎります。)

※「他人のお車」には次の自動車等は含まれません。
記名被保険者やその家族が常時使用するお車等
・ 二輪自動車、原付バイク


■ みんなはどうしてるの?

※小数点以下第2位を四捨五入

ソニー損保のお客様の保険金額は、3,000万円がもっとも選ばれています。

年齢や 家族 構成、年収などによって死亡時の損害額が異なります。



■ 当社スタッフからのアドバイス


カスタマーセンター
大滝里絵子

どちらのタイプにしたらいいかわからないという場合は、まずは「人身傷害(車内のみ補償型)」にしてはいかがでしょうか。

また、すべてを自動車保険でまかなうのではなく、死亡・後遺障害の補償については生命保険や医療保険などでカバーし、人身傷害はケガの際の補償と割り切って、必要最小限の保険金額に抑えるということもひとつの選択肢だと思います。


▼家族でお車を複数お持ちの方へ:補償の重複にご注意ください。

このページはわかりやすかったですか?

わかりやすいよくある質問にするために、ボタンをクリックしてください。ご協力をお願いいたします。

  • わかりやすかった

  • わかりにくかった

ご回答ありがとうございました。

このページについてのご意見、ご要望等ございましたら下記にご記入ください。

個別にご質問にお答えできません。ご了承ください。

0/500

※個別のお問合せはこちらからご連絡をお願いします。

送信する

貴重なご意見ありがとうございました。
今後の参考にさせていただきます。

キーワード検索