自動車保険

車内身の回り品特約

1088112

事故で車内に置いていたモノが壊れてしまったときに、損害額(修理費など)を補償します。

■ こんな場合に補償

  • ・事故時に車の中に置いてあったビデオカメラが壊れてしまった。
  • ・車上荒らしにあい、車内に置いてあった携帯音楽プレーヤーが盗まれた。

契約車両の室内やトランク内に積載中のゴルフ用品やカメラなど身の回り品に生じた損害を補償します。

※現金・有価証券・切手・印紙・貴金属・宝石等についてはお支払いできません。
※紛失、キャリアに固定されていたものの盗難についてはお支払いできません。
車両保険または「おりても特約」をセットされている方がご契約いただけます。

■ お支払いする保険金

損傷を受けた身の回り品の損害の状態に応じて、それぞれ次の額(ただし、保険金額を限度とします。)

全損の場合
(修理費が時価額以上となる場合や、盗難され発見できなかった場合または修理できない場合)
時価額 ― 免責金額(自己負担額) 5,000円
分損の場合
(修理費が時価額未満となる場合)
修理費 ― 免責金額(自己負担額) 5,000円
■ 当社スタッフからのアドバイス


マーケティング担当
桑原研

車の中に携帯音楽プレイヤーを置いている方など、車にいろいろなモノを載せている方にはおすすめの特約です。

なお、カーナビは 車両保険 で補償しますので、この特約では補償されません。

このページはわかりやすかったですか?

わかりやすいよくある質問にするために、ボタンをクリックしてください。ご協力をお願いいたします。

  • わかりやすかった

  • わかりにくかった

ご回答ありがとうございました。

このページについてのご意見、ご要望等ございましたら下記にご記入ください。

個別にご質問にお答えできません。ご了承ください。

0/500

※個別のお問合せはこちらからご連絡をお願いします。

送信する

貴重なご意見ありがとうございました。
今後の参考にさせていただきます。

キーワード検索