自動車保険

事故あり係数適用期間

20956

【自動車保険】
事故あり係数適用期間とは、「事故あり」の割引・割増率を適用する期間(始期日時点における年数)を示すものです。

事故あり係数適用期間は、一般的に保険証券の等級の近くに記載されています。 自動車保険証 割引・割増等 ノンフリート等級15等級 事故あり係数適用期間0年 保険会社によって、表記が異なる場合があります

・「6年」が上限、「0年」が下限となります。
・事故あり係数適用期間が「1〜6年」のご契約では「事故あり」の割引・割増率を適用し、「0年」のご契約では「無事故」の割引・割増率を適用します。
・事故あり係数適用期間は3等級ダウン事故1件につき「3年」、1等級ダウン事故1件につき「1年」を加えます。
・前契約の事故あり係数適用期間が「1〜6年」の場合は、1年経過するごとに前契約の事故あり係数適用期間から「1年」を引きます。


事故あり係数適用期間 漫画01

このページはわかりやすかったですか?

わかりやすいよくある質問にするために、ボタンをクリックしてください。ご協力をお願いいたします。

  • わかりやすかった

  • わかりにくかった

ご回答ありがとうございました。

このページについてのご意見、ご要望等ございましたら下記にご記入ください。

個別にご質問にお答えできません。ご了承ください。

0/500

※個別のお問合せはこちらからご連絡をお願いします。

送信する

貴重なご意見ありがとうございました。
今後の参考にさせていただきます。

キーワード検索