自動車保険

車両保険の「一般型」と「エコノミー型」の違いは

276693

「エコノミー型」は「一般型」よりも補償範囲が狭い分、 保険料を節約できます。

補償範囲の違い

「エコノミー型」は「一般型」より補償範囲が狭いです。
それぞれ補償の対象となる事故の例は以下のとおりです。

エコノミー型一般型
他車との衝突・接触
※エコノミー型では、相手車の登録番号等と、その運転者または所有者が確認できた場合のみ補償します。
落書き・いたずら
盗難
飛来中または落下中の他物との衝突(飛び石など)
台風・竜巻・洪水・高潮
火災
あて逃げ
転覆・墜落
単独事故(電柱に衝突など)
自転車との接触
地震
噴火
津波
保険料の違い

「エコノミー型」は補償範囲を限定することで、お求めやすい保険料となっています。
「一般型」と「エコノミー型」の保険料は、お客様の見積条件によって異なります。 実際に見積結果画面にて、各補償タイプごとの保険料をご確認ください。

みんなはどうしているの?

車両保険をつけている方の約8割が「一般型」を選んでいます。

車両保険の「一般型」と「エコノミー型」の違いは 漫画01

このページはわかりやすかったですか?

わかりやすいよくある質問にするために、ボタンをクリックしてください。ご協力をお願いいたします。

  • わかりやすかった

  • わかりにくかった

アンケートにご協力いただき
ありがとうございました

よろしければ、このページについてのご意見をお聞かせください。

0/500

このフォームでは、個別のお問合せへの回答はしておりません。個別のご質問はこちらからお問合せくださいますよう、よろしくお願いいたします。

送信する

貴重なご意見を、ありがとうございました。
今後の参考にさせていただきます。

関連する質問

キーワード検索

自動車保険に関するお問合せ

カスタマーセンター
0120-919-928

受付時間 9:00〜22:00(年末年始を除く)

キーワード検索