自動車保険

車両全損時臨時費用

203

契約車両全損となった場合に、車両保険で支払われる保険金とは別に、 車両保険 の保険金額の10%(上限20万円)をお支払いします。

どんな時に役立つの?

例えば、契約車両全損となり買替える場合、税金や登録費用など車両本体価格以外に諸経費が必要なため、設定した車両保険金額ではまかないきれないケースがあります。

そんな場合に、車両全損時臨時費用で諸経費をまかなうことができます。

車両保険に含まれているの?

はい、ソニー損保では、車両保険をつけているすべての契約で、全損となった場合に車両全損時臨時費用をお支払いします。

支払いは定額? 領収書などはいるの?

車両保険金の請求をすれば、車両全損時臨時費用のために特別な手続きは必要ありません。

全損」と判断され場合、購入などにかかった実費ではなく、車両保険の保険金額の10%(上限20万円)が定額で支払われます。

このページはわかりやすかったですか?

わかりやすいよくある質問にするために、ボタンをクリックしてください。ご協力をお願いいたします。

  • わかりやすかった

  • わかりにくかった

アンケートにご協力いただき
ありがとうございました

よろしければ、このページについてのご意見をお聞かせください。

0/500

このフォームでは、個別のお問合せへの回答はしておりません。個別のご質問はこちらからお問合せくださいますよう、よろしくお願いいたします。

送信する

貴重なご意見を、ありがとうございました。
今後の参考にさせていただきます。

キーワード検索