自動車保険

情報交換制度

61

ほとんどの自動車保険(共済)では、過去におけるご契約者(被保険者)の保険事故の実績を保険料の割引・割増に反映させるノンフリート等級制度を採用しています。

このノンフリート等級制度の適切な運用を図るため、損害保険各社間ではネットワークを用いた情報交換を行い、前契約に関する下記項目等の確認を行っています。
このネットワークにより、保険会社を変更しても以前のノンフリート等級を適切に引継ぐことができます。

【主な確認項目】
 ・保険会社名
 ・ノンフリート等級、事故あり係数適用期間
 ・保険事故の件数、事故年月日
 ・証券番号
 ・契約者の名前、住所
 ・記名被保険者の名前
 ・車両登録番号車台番号
 ・保険期間
 ・解約、解除の有無
 

【ご注意】
 ・前保険会社にお客様の等級・事故件数等を確認し、万一、等級・事故件数等に誤りがある場合は、保険始期にさかのぼって契約内容を訂正いただきます。それに伴い、保険料の返還や追加でのお支払いをお願いする場合がございますので、ご了承ください。
 ・JA共済、全労済、全日本火災共済(旧中小企業共済)、全国自動車共済にご加入の場合も情報交換制度の対象になります。
 ・情報交換制度は前契約保険期間の満了後に確定した事故件数等の情報を交換するため、当社でご契約いただく際には確認を行うことができず、早くとも、当社での保険始期日後約2〜4週間経過以降に確認します。


このページはわかりやすかったですか?

わかりやすいよくある質問にするために、ボタンをクリックしてください。ご協力をお願いいたします。

  • わかりやすかった

  • わかりにくかった

アンケートにご協力いただき
ありがとうございました

よろしければ、このページについてのご意見をお聞かせください。

0/500

このフォームでは、個別のお問合せへの回答はしておりません。個別のご質問はこちらからお問合せくださいますよう、よろしくお願いいたします。

送信する

貴重なご意見を、ありがとうございました。
今後の参考にさせていただきます。

キーワード検索