SURE

がんの通院保障は必要ですか

 

医療技術の進歩により、通院による術後補助療法が一般的になり、入院日数の短期化が進んでいることから、通院保障の必要性が高まっています。

以下のグラフのように、現在のがん治療は、医療技術の進歩により、通院による術後補助療法を行うことが一般的になったり、入院日数の短縮化が図られていることから、通院(入院外)保障の必要性が高まっています。

faqid=2390

このページはわかりやすかったですか?

わかりやすいよくある質問にするために、ボタンをクリックしてください。ご協力をお願いいたします。

  • わかりやすかった

  • わかりにくかった

アンケートにご協力いただき
ありがとうございました

よろしければ、このページについてのご意見をお聞かせください。

0/500

このフォームでは、個別のお問合せへの回答はしておりません。個別のご質問はこちらからお問合せくださいますよう、よろしくお願いいたします。

送信する

貴重なご意見を、ありがとうございました。
今後の参考にさせていただきます。

※保険始期日によって内容が異なる場合があります。詳細は約款・重要事項説明書等をご確認ください。