ZiPPi

SURE

先進医療保障は必要ですか

 

先進医療の技術料は全額自己負担となるため、高額になるケースが多いです。 もしもの時に備えたい方におすすめです。

先進医療を受けた場合、診察・検査・投薬・注射・入院料などの一般治療と共通する部分には公的医療保険が適用されますが、先進医療の技術料は全額自己負担となります。
また、高額療養費制度によって自己負担額が変わってきます。

先進医療を受けた場合の費用例

70歳未満の被保険者で、1ヵ月の医療費が200万円、
そのうち先進医療の技術料にかかる費用が100万円だったケース

faqid=2424

※先進医療とは、公的医療保険制度の対象となっていない先進的な医療技術のうち、厚生労働大臣が定める医療技術です。先進医療の種類および実施医療機関名については厚生労働省のウェブサイトなどでご確認いただけます。

このページはわかりやすかったですか?

わかりやすいよくある質問にするために、ボタンをクリックしてください。ご協力をお願いいたします。

  • わかりやすかった

  • わかりにくかった

ご回答ありがとうございました。

このページについてのご意見、ご要望等ございましたら下記にご記入ください。

個別にご質問にお答えできません。ご了承ください。

0/500

※個別のお問合せはこちらからご連絡をお願いします。

送信する

貴重なご意見ありがとうございました。
今後の参考にさせていただきます。

※保険始期日によって内容が異なる場合があります。詳細は約款・重要事項説明書等をご確認ください。