自動車保険

交通事故により、免許の停止や取消し、罰金などの何らかの処分を受けるのですか

01

一般的に交通事故を起こした運転者(加害者)には以下の3つの責任が問われ、何らかの処分を受ける可能性があります。

1. 刑事上の責任(懲役・禁固・罰金)
  • 事故の状況や違反の程度に応じて、懲役・禁固・罰金などの処罰を受けることになります。
  • 無免許運転や飲酒運転等の場合には道路交通法の責任が問われます。
  • 交通違反のうち比較的軽いものは反則金を納付すれば刑事罰を科せられないという制度もあります。
2. 行政上の責任(運転免許の取消し、停止および反則金など)

交通事故や交通違反をした場合には、一定の点数をつけ、その累積点数が一定の基準に達した場合には、運転免許の取消しや停止および反則金等の処分が行われます。

3. 民事上の責任(損害賠償)
  • 加害者は相手方に与えた損害を賠償する責任を負います。
  • 自賠責保険・自動車保険は加害者の民事上の責任に備えるものです。
  • 物損事故の場合は、車両の修理費などが対象です。
  • 人身事故の場合は、治療費・休業補償・通院交通費・慰謝料などから成ります。

なお、処分の有無や程度は、事故の状況や被害者の怪我の程度などによって異なりますので、一概にどのような処分を受けるのかを事故直後に判断することはできません。

このページはわかりやすかったですか?

わかりやすいよくある質問にするために、ボタンをクリックしてください。ご協力をお願いいたします。

  • わかりやすかった

  • わかりにくかった

アンケートにご協力いただき
ありがとうございました

よろしければ、このページについてのご意見をお聞かせください。

0/500

このフォームでは、個別のお問合せへの回答はしておりません。個別のご質問はこちらからお問合せくださいますよう、よろしくお願いいたします。

送信する

貴重なご意見を、ありがとうございました。
今後の参考にさせていただきます。

関連する質問

キーワード検索

自動車保険に関するお問合せ

カスタマーセンター
0120-919-274

受付時間 9:00〜20:00(年末年始を除く)

キーワード検索