火災保険

何をみれば準耐火建築物・準耐火構造であることを確認できますか

20

建築確認申請書の第四面、または建物の設計仕様書・設計図面・パンフレット、 他社の保険証券等をご確認ください。

建築確認申請書とは

建物を建てるときに、建物が建築基準法・条例等に適合しているかを確認するために、建築主が役所または民間の指定確認検査機関に提出する書類です。

建築確認申請書で準耐火建築物・準耐火構造であることを確認する

同書類の第四面にある記載内容・チェック項目をご確認ください。「準耐火建築物」「準耐火構造」と記載またはチェックがあれば「準耐火建築物・準耐火構造」に該当します。
なお、同書類は複数の書式がありますので以下をご参考ください。

  • 「準耐火建築物」「特定避難時間倒壊等防止建築物」双方にチェックがある場合は「準耐火建築物」を優先してご選択ください。

同書類の第四面【5.耐火建築物等】欄にある記載内容・チェック項目をご確認ください。

同書類の第四面【5.耐火建築物等】および【7.建築基準法第61条の規定の適用】欄にある記載内容・チェック項目をご確認ください。

他社の保険証券等で準耐火建築物・準耐火構造であることを確認する

他社の火災保険を契約している場合、現在ご加入の火災保険契約の契約内容がわかる書類(保険証券・保険契約証・保険継続証・異動承認書・満期案内書・契約内容確認のお知らせ等(共済契約証書を除く))にある記載内容・チェック項目をご確認ください。「準耐火建築物」「準耐火構造」と記載またはチェックがあれば「準耐火建築物・準耐火構造」に該当します。

(※)書類に記載の保険始期日が2010年1月1日以降の場合に限り、確認書類としてご利用いただけます。

その他、ご不明な場合

建物の設計仕様書・設計図面・パンフレットなどをご確認ください。(※)
お客様ご自身による確認が難しい場合、施工業者・ハウスメーカーなどに所定の証明書を作成してもらうことで対応できる場合があります。

詳しくは下記のお問合せ先までご連絡ください。

カスタマーセンター 0120-957-930(9:00〜18:00(年末年始を除く))

(※)建物の主要構造部が「準耐火構造」等である場合を除きます。

このページはわかりやすかったですか?

わかりやすいよくある質問にするために、ボタンをクリックしてください。ご協力をお願いいたします。

  • わかりやすかった

  • わかりにくかった

アンケートにご協力いただき
ありがとうございました

よろしければ、このページについてのご意見をお聞かせください。

0/500

このフォームでは、個別のお問合せへの回答はしておりません。個別のご質問はこちらからお問合せくださいますよう、よろしくお願いいたします。

送信する

貴重なご意見を、ありがとうございました。
今後の参考にさせていただきます。

キーワード検索

火災保険に関するお問合せ

カスタマーセンター
0120-957-930

受付時間 9:00〜18:00(年末年始を除く)

キーワード検索