火災保険

地震により建物や家財が被害を受けましたが、修理や片付けを行う際の注意事項はありますか

10

修理や片付けを行う場合は、事前に可能な限り損傷状況の写真撮影をお願いします。

損傷した建物や家財を放置すると危険である場合や、生活の再開に支障をきたす場合は、修理や片付けを行ってください。

地震保険金のお支払いにあたり、原則、調査員の訪問による損害確認が必要となります。後日、損害状況が確認できるよう、緊急的に修理や片付けを行う場合は、事前に可能な限り損傷状況の写真撮影をお願いします。

なお、すでに被害を受けた家財を処分されている場合は、家財の品目名・家財の配置場所の図・損傷状態のメモを作成し、当社担当までご相談ください。

写真の撮り方を確認する

このページはわかりやすかったですか?

わかりやすいよくある質問にするために、ボタンをクリックしてください。ご協力をお願いいたします。

  • わかりやすかった

  • わかりにくかった

アンケートにご協力いただき
ありがとうございました

よろしければ、このページについてのご意見をお聞かせください。

0/500

このフォームでは、個別のお問合せへの回答はしておりません。個別のご質問はこちらからお問合せくださいますよう、よろしくお願いいたします。

送信する

貴重なご意見を、ありがとうございました。
今後の参考にさせていただきます。

キーワード検索

火災保険に関するお問合せ

カスタマーセンター
0120-957-930

受付時間 9:00〜18:00(年末年始を除く)

キーワード検索