火災保険

水災の補償は外しても問題ないですか

524

洪水・高潮・土砂崩れのリスクが低い場合は水災の補償を外すこともご検討ください。

水災の補償を外すことで保険料の節約が可能です。
ご自宅の洪水・高潮・土砂崩れのリスクを確認のうえご検討ください。

水災の補償が必要か判断するポイント

以下の場合、洪水・高潮・土砂崩れのリスクは低いといえます。
・自宅はマンションの3階以上にある
・自宅は高台にあり、河川の氾濫、内水氾濫や高潮による床上浸水の心配がない
・自宅は山や崖に隣接していない

ご自宅のリスクの確認にあたっては、ハザードマップを参考にしてください。

水災の補償とは

台風や暴風雨などが原因で起こる洪水・高潮・土砂崩れなどにより、建物や家財に再調達価額の30%以上の損害が生じたとき、または建物が床上浸水もしくは地盤面より45cmを超える浸水となった結果、損害が生じたときに、保険金をお支払いします。

水災の補償例
建物の補償例

台風で川が氾濫し、床上浸水が起きて床と壁紙の張替えが必要になった

自宅裏の山が土砂崩れを起こして家屋が半壊した

家財の補償例

高潮で床上浸水が起き、家電が壊れた

洪水で家具が使えなくなった

このページはわかりやすかったですか?

わかりやすいよくある質問にするために、ボタンをクリックしてください。ご協力をお願いいたします。

  • わかりやすかった

  • わかりにくかった

アンケートにご協力いただき
ありがとうございました

よろしければ、このページについてのご意見をお聞かせください。

0/500

このフォームでは、個別のお問合せへの回答はしておりません。個別のご質問はこちらからお問合せくださいますよう、よろしくお願いいたします。

送信する

貴重なご意見を、ありがとうございました。
今後の参考にさせていただきます。

キーワード検索

火災保険に関するお問合せ

カスタマーセンター
0120-957-930

受付時間 9:00〜18:00(年末年始を除く)

キーワード検索