火災保険

築年数に応じた保険料率

53

建物の経年によるリスク実態を保険料に反映するため、以下の表の築年数に応じた保険料率が適用されます。適用対象は、建物の「火災、落雷、破裂・爆発」「風災、雹災、雪災」「水濡れ、外部からの物体の衝突など」です。

以下の表の築年数に応じた保険料率は、保険始期日が2022年3月21日〜2022年9月30日のご契約の場合に適用されます。それ以外の保険始期日の場合は、こちらをご確認ください。

築年別料率区分
築5年未満
築10年未満
築15年未満
築15年以上

例えば、同条件による築年数別の保険料は以下のようになります。

<参考>

保険料例(戸建て)
築年数 0年(新築) 5年 10年 15年
保険料 24,015円 32,824円 44,064円 60,294円

【算出条件】一戸建て(木造・H構造)、東京都、保険期間5年、一括払、
 保険始期日2022年3月21日、免責金額なし
【保険金額】建物:1,500万円
【補償】火災・風災、家財の補償なし

保険料例(マンション)
築年数 0年(新築) 5年 10年 15年
保険料 4,629円 6,326円 8,493円 11,621円

【算出条件】マンション(M構造)、東京都、保険期間5年、一括払、
 保険始期日2022年3月21日、免責金額なし
【保険金額】建物:1,000万円
【補償】火災・風災、家財の補償なし


【保険始期日が2022年3月20日以前のご契約の場合】

築年数が10年未満である建物の保険料に対して築浅割引が適用されます。
築浅割引の詳細は以下をご確認ください。

築浅割引

【保険始期日が2022年10月1日以降のご契約の場合】

「築15年以上」の築年別料率区分を「築20年未満」「築25年未満」「築25年以上」に細分化して、以下の表の築年数に応じた保険料率が適用されます。

築年別料率区分
築5年未満
築10年未満
築15年未満
築20年未満
築25年未満
築25年以上

このページはわかりやすかったですか?

わかりやすいよくある質問にするために、ボタンをクリックしてください。ご協力をお願いいたします。

  • わかりやすかった

  • わかりにくかった

アンケートにご協力いただき
ありがとうございました

よろしければ、このページについてのご意見をお聞かせください。

0/500

このフォームでは、個別のお問合せへの回答はしておりません。個別のご質問はこちらからお問合せくださいますよう、よろしくお願いいたします。

送信する

貴重なご意見を、ありがとうございました。
今後の参考にさせていただきます。

キーワード検索