自動車保険

ASV割引(自動ブレーキ割引)は、なぜ約3年以内しか適用されないのですか

33

自家用(普通・小型)乗用車で発売から約3年経過した車の場合、自動ブレーキ装置によるリスク軽減効果は、「型式別料率クラス」によって、保険料に反映されるためです。

型式の発売年月から約3年以内のお車は、新しい型式の車であるため事故データが少なく、自動ブレーキ装置によるリスク軽減効果の型式別料率クラスへの反映が十分ではありません。
そのため、自動ブレーキ装置によるリスク軽減効果をASV割引で補います。

約3年経過後はASV割引(自動ブレーキ割引)ではなく、型式別料率クラスにより、自動ブレーキ装置のリスク軽減効果が保険料に反映されます。

この考え方は当社に限らず 他の保険会社においても同様です。

型式別料率クラス制度は、お車の型式ごとの過去の事故データに基づいてリスクを保険料に反映する仕組みです。当社を含め多くの損害保険会社が採用している制度です。

自動ブレーキによるリスク軽減効果の保険料への反映方法 例 契約車両の型式の発売年月が2014年5月の場合 新型式発売2014年5月 新型式発売から約3年経過2018年1月 型式別料率クラスは毎年1月に見直し 新しい型式の車なので事故データが少なく型式別料率クラスへの反映が不十分 リスク軽減効果をASV割引で補う リスク軽減効果が型式別料率クラスに反映(ASV割引適用外)この例の場合、保険始期日時点で新型式発売から約3年経過したため、自動ブレーキによるリスク軽減効果は型式別料率クラスで保険料に反映しています。

このページはわかりやすかったですか?

わかりやすいよくある質問にするために、ボタンをクリックしてください。ご協力をお願いいたします。

  • わかりやすかった

  • わかりにくかった

アンケートにご協力いただき
ありがとうございました

よろしければ、このページについてのご意見をお聞かせください。

0/500

このフォームでは、個別のお問合せへの回答はしておりません。個別のご質問はこちらからお問合せくださいますよう、よろしくお願いいたします。

送信する

貴重なご意見を、ありがとうございました。
今後の参考にさせていただきます。

キーワード検索

自動車保険に関するお問合せ

カスタマーセンター
0120-919-928

受付時間 9:00〜22:00(年末年始を除く)

キーワード検索